頭脳労働のプログラマーでも体力は重要

プログラマーの仕事は頭脳労働であり、特に体力を直接必要とするような場面はありません。ソフトウェア開発の業務内容を見てみれば、パソコンに向かってコードを入力したり、開発の打ち合わせを行っている場面が多いです。しかし頭脳を活かして働くソフトウェア開発の仕事であっても、体力は重要性の高い要素であり疎かにすることができません。時には体力が、仕事が成功するかどうか運命を分ける事があります。ソフトウェア開発業務では、プロジェクトが佳境に入るとスケジュールが過密になる場合が珍しくありません。休息の時間を十分に取れないまま、作業を続けなければならない事態がよく起こります。

そのような状況で最後に頼りになるのが体力です。体力がなければ頭脳も働かせることができず、満足な成果が上げられません。体力のあるタフなプログラマーは、忙しい開発スケジュールの中でも最後まで仕事をやり遂げる事ができ、体力の重要性が高いことが分かります。そこでプログラマーは体力は仕事に不要と考えず、日頃からの筋力トレーニングに取り組む必要があります。毎日の積み重ねが、体力を身につける一番の近道です。体力アップには特別な事は必要なく、ちょっとした工夫だけでも十分に役立ちます。

例えば職場への出勤の際に、エレベーターをできるだけ使わず階段で上り下りする方法でも体力を高めることができます。またトレーニングジムに通って、効率よく体力アップを図るのも効果がある方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です